ソールズベリー

父    ダイワメジャー
母    ニイガッタメール(母の父:シンボリクリスエス)
性別   牝
毛色   青鹿毛
生年月日 令和元年5月8日
厩舎   美浦 竹内正洋


更新日:2021/12/31  馬体重:479kg(12/16計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ソールズベリー ソールズベリー 

今月に入ってから週に1本のペースで15-15のやや強めのキャンター調教を取り入れております。本数を重ねるごとに馬の前向きさが促進されてハミをよく取るようになり、以前よりも動けている感触があります。
馬はまだ成長途上であるため今後も適度な負荷をかけつつ、来月の入厩を目指して調整を進めて行きます。
食欲は旺盛で、飼い葉を食べている最中は気性的にピリピリしていますが、普段は落ち着いて過ごしています。


更新日:2021/12/4  馬体重:481kg(12/1計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ソールズベリー ソールズベリー 

軽めのメニューから騎乗を始めております。リフレッシュした効果で馬体もふっくらとし、ひとまわり大きくなった印象があります。日々の気温差が激しい季節となり、馬たちの体調管理も難しい中、飼い葉もよく食べて元気にしております。
次走は2月の東京競馬場 芝1400mのレースを予定しており、1月中の帰厩へ向けて、これからもしっかりと調整していきます。


更新日:2021/11/5  馬体重:442kg(10/30出走時)

※写真をクリックすると拡大します。

ソールズベリー ソールズベリー 
ソールズベリー ソールズベリー

10月30日(土)東京6R新馬 ダ1400mに出走し、8着でした。
スタートはやや立ち遅れてしまい、馬群の中で砂を被る形となりましたが馬はさほど気にせず、外へ出してからはスムーズかつ冷静に走ることが出来ました。4コーナーを回ってから追われるもジリジリとした伸び足でしたが、長い直線を最期まで頑張って走りぬきました。
レース後も馬体には異常ありませんが、体がだいぶ細くなってしまい、一旦下河辺トレーニングセンターへ放牧に出て、馬体の回復とリフレッシュを図ることとしました。馬はまだ成長途上であり、放牧期間に馬体の成長を促してしっかりと立て直す予定です。

※写真上段…レース前パドック
 写真下段…11月4日撮影


更新日:2021/10/5  馬体重:460kg(9/30計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ソールズベリー
  

美浦トレーニングセンターにて乗り込まれております。先週水曜日とその前の日曜日に4ハロン54秒程度の時計をマークしており、本数を重ねるごとにしっかりとしてきております。まだ気性面で子供っぽさを出しているようで、引き続き稽古を重ねていく予定です。
飼い葉食いが良く、馬体も細くならずに調整出来ております。


更新日:2021/9/25  馬体重:460kg(9/18計測)

9月22日(水)にゲート試験を1発で合格しました。19日(日)には坂路で4ハロン56.8秒の時計でしっかりと動いており、順調にトレーニングを進められております。
まだ粗削りな走りだそうですが、今後の調教の積み重ねに馬の成長が伴ってくると、走りも洗練されてくると思います。
当初の予定では、ゲート試験後は一息入れるつもりでおりましたが、馬の具合から調教師の判断によりこのまま在厩して乗り込んでいくこととなりました。
東京開催後半のデビューを目指して進めて行く予定でおります。


更新日:2021/9/18  馬体重:490kg(9/1計測)

牧場での乗り込みを続け、今月初めに計測した体重は490kgとなり、見た目にも馬体に幅が出て、成長が進んだ実感があります。
馬名は多くの候補の中から「ソールズベリー(Salisbury)」に決定しました。英国一高い尖塔を持つソールズベリー大聖堂があるイギリス南西部の都市で、姉のストラトフォードと同様イギリスの都市名から引用。姉を超える活躍を、との願いが込められています。
9月11日に美浦トレセン・竹内正洋厩舎へ入厩しました。新しい環境に慣れてきたのを見計らい、ゲート試験へ向けてトレーニングを進めております。


更新日:2021/8/18  馬体重:472kg(8/16計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ニイガッタメールの2019  ニイガッタメールの2019

今月より、週に1本のペースで15-15(ハロン当り15秒を2~3ハロン)の調教を取り入れてトレーニングを進めております。調教負荷は強まりましたが、同時に馬体の成長も進んだようで、骨格がしっかりとしてきて体重も10kg近く増加しました。
相変わらず飼い葉はよく食べており、暑さにも負けずに元気です。気の強い性格で、特に飼い葉の時間は人に向けて耳を絞るといった面を見せますが、騎乗時は素直で普段からイレ込むこともなく、いたって扱いやすいです。
馬体には特に問題は認めず、今後は様子を見ながら更にペースを上げて、入厩へ向けた乗り込みを行っていく予定です。


更新日:2021/7/23  馬体重:463kg(7/16計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ニイガッタメールの2019  ニイガッタメールの2019

馬体が大分しっかりとしてきて、本馬の成長がうかがえます。調教は速足1400m、キャンター2800m~3200mを、ダートコースとウッドチップ坂路を併用して進めています。先月下旬からはやや強めのキャンターも始めており、成長を妨げない程度に適度な負荷をかけております。性格は兄弟に共通した気の強さがあり、かといって扱いに困ることは無く、血統的に良い所を受け継いでいるようです。
今のところは焦らずジックリと基礎体力をつけて、いつでもペースアップが図れるようトレーニングしていきます。
体高:162.5cm
胸囲:185.5cm
管位:20.2cm
(即尺は7/21計測)


更新日:2021/6/22  馬体重:461kg(6/15計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ニイガッタメールの2019  ニイガッタメールの2019

通常キャンター3000mをベースにウッド坂路を併用してトレーニングしております。
馬体重には変化ありませんが骨格が成長して全体的にサイズアップしました。走りのバランスはまだ幼さが残るものの、週に一度はややペースを上げた調教を取り入れて緩急をつけております。
今後も馬体の成長を阻むことの無いよう、適切な負荷をかけていく予定です。


更新日:2021/6/4  馬体重:461kg(6/1計測)

※写真をクリックすると拡大します。

ニイガッタメールの2019  

令和3年度の募集馬「ニイガッタメールの2019」です。
父ダイワメジャーの逞しさを受け継いだ馬体は、姉のストラトフォードやスワンダフルとは異なり、初子のキープレイヤーにタイプが似ています。現在はキャンター3000mと坂路を併用して乗り込んでおります。
5月生まれで馬体を見てもまだ幼さがあり、これからの成長を見越して現段階では強めのスピード調教よりも長めの距離をじっくりと乗り込む調教を進めております。